【フラット35】S、長期優良住宅について
むとうの家はすべて耐久性・可変性に優れた住宅として「【フラット35】S」の技術基準を満たしています。(金利B)
「フラット35S」、また「長期優良住宅」(オプション)についてご説明します。
【フラット35】Sとは?
【フラット35】Sとは、【フラット35】をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に、【フラット35】のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。
ご利用には、建てたれた家が一定の基準を満たしていることが条件になります。
以下のように金利を引き下げます。
【フラット35】S金利引き下げ
【フラット35】S利用可能な技術基準
【フラット35】Sの利用には以下の基準をクリアしている必要があります。
むとうの家は標準プランで金利Bタイプの技術基準を満たしています。
【フラット35】S基準
長期優良住宅とは?
長期優良住宅とは、「長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準をクリアしたもの。
平成21年6月に施工された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいています。

新築時の建物を長期的に良い状態を保つことができるものであり、
新築された時点だけではなく、将来のメンテナンスのしやすさまで評価する点が特徴です。
長期優良住宅の認定基準
耐震等級について
アクリアネクスト
省エネ等級4(断熱材)
高気密グラスウール アクリアネクスト
高断熱・高気密に優れたアクリアネクストを壁や天井部分に施すことにより、断熱・保温性能が高まり冷暖房費の節約になることはもちろんのこと、防音・耐熱・結露防止、シロアリ被害にも強い。 安心で快適な住環境を作り出します。
現場発泡ウレタン
現場発泡ウレタンフォームライトSL
フォーム内のほとんどが空気でできた断熱材。確かな施工技術と高いレベルで実現する高気密・高断熱などにより、省エネ、静寂、長期耐久、健康的など、さまざまなメリットを生み出します。空気がたっぷり含まれた連続気泡構造なので、木造住宅に用いた場合、施工した柱や梁などの木材の呼吸を止めることがなく、住まいの躯体を健康的に長持ちさせる特長もあります。
長期優良住宅に認定されると受けられる優遇
長期優良住宅が受けられる税制優遇 長期優良住宅が認定されると住宅ローン優遇