住宅ローン Q&A
家を購入する際に、必要な住宅ローンについてよくあるご質問をまとめました。
そのほか分からないことはなんでもお気軽にご相談ください。
住宅ローンはどのようなものがありますか?
民間融資 住宅ローン 民間の銀行などが貸し出ししている住宅ローンです。
さまざまな種類のローンがあります。
フラット35 民間金融機関と住宅金融支援機構が提携したローンで、長期・固定金利の住宅ローンです。
公的融資 財形融資 会社などで財形貯蓄をしている場合に借りることができます。
一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄のいずれかを1年以上継続し、50万円以上の残高があることが条件です。
それぞれの金利タイプの特徴は?
金利のタイプ メリット デメリット
固定金利型 全期間を通して返済額が確認できるので計画が立てやすい
低金利時に借りると全期間に渡って低金利のメリットを享受できる
高金利の時に借りると将来にわたって高金利に基づく返済額を負担することになる
変動金利型 香椎レジの金利は一般的に固定金利型より低い
高金利時に借りると金利が低下した時は返済額が減少する
借入時に将来の返済額が確定できない
金利が上昇した場合返済額が上昇する
金利が大きく上昇した場合、「未払い利息」が発生するリスクがある
固定金利期間選択型 一定期間、返済額を確定できる
高金利時に借りた場合、選択した期間が終了時返済額が減少する
固定期間終了後の返済額が確定しない
固定期間終了後に金利が上昇した場合、返済額が増加する
自己資金(頭金)は必要?
最近では購入資金を100%ローンでまかなうことも可能な場合もありますが、自己資金は多ければ多いに越したことはありません。
頭金が多いほどローンを組む額も減りますので、毎月の返済額も少なくてすみますので、家族会議、親族会議などを開かれることをおすすめします。ご両親など資産状況に余裕をお持ちの場合は、税制などを考慮し、資金援助を受けられるのも一手だと思われます。
その上で購入後の生活のことも考慮して、最初に投入する金額を決めましょう。例えばマイカーの購入予定が数年後に迫っているときは、その分を予算取りして残しておいたほうが無難です。
結局数年後に住宅ローンより高い金利のマイカーローンを借りることなるといったことは避けたいものです。
ローン以外でかかる費用は?
銀行の保証料・手数料・ローン代行費・火災保険・表示登記費用・建物登記費用・固定資産税(日割)などがあります。
住宅ローンについて見る